5000円以上
送料無料
*クリックポスト* *追跡可能*

Blog

2020/07/08 00:34



親愛なるブログ読者様、皆さんこんにちは。

最近になって、YouTubeで知ってくださった方からたくさんのメッセージを頂くようになって、
一つ一つとっても嬉しく拝見させていただいてます。

なかなかお一人お一人に返信がすぐに出来てなくて、
ちょっと心苦しくもあるのですが、
皆様からのお言葉一つ一つが、私の糧になっています。
本当にありがとうございます。

どこか遠く離れた所で、
ブログやYouTubeを見てくれてる方の近況や、感想、どんな風に思って見てくれたのか、
聞けば聞くほど、
受け取ってくれた人を知る事で、

一人でPCのキーボードを叩きながらも、
画面の向こうに人の温かさを感じるようになりました。




先日友人が遊びにきていて、
「月」の話をしていたんですね。

その日は満月の夜でした。

満月を見上げながら、
もし月に行けるとしたら行きたい?

そんな話を夢中で話し合っていたんですけど、

私は色々考えたけど行きたいか行きたくないかで言ったら、
行きたくなくって、

理由は「恐いから」が全てで、

そもそも月までってどれくらい離れてて、どれくらいの時間で行けるものなのか?

帰りはちゃんと帰ってこれるのか?

ロケットの安全性とかそんな事ばっかり考えてしまう。


もし急にあなたに月行きの抽選当たりましたよって言われても、
泣いて無理ですって言う気がする。
「行かなきゃだめですか?」って。

その話をした夜、
煌々と光る明るい月に眩しささえ感じながら、なんだか眠れなくなってしまって、
月までの距離って実際どれくらいなんだろうって調べてみたら、
約38万キロだって書いてあって、
38万キロって聞いたら意外とあんまり遠くないかもなって気がしてきました。

時速300キロの新幹線で53日、飛行機だと16日、宇宙船(ロケット?)だと4日とちょっとで着くんだって書いてありました。

距離的には、地球10周分くらいらしくて、(赤道付近を通った場合)
この10年の自分の移動距離を合わせたらそれくらいになるんじゃないかなって気もして。
意外と「近い」と感じました。

私最近無性に日本に帰りたいなあって思う時があるんですが、
やっぱり「遠い」よなあと考えてはまあまたいつか、、、と思ってしまうんですけど、

月までの距離に近さを感じて、日本までの距離を遠く感じるってとても矛盾を感じます。

その上、
画面の向こうに温かみを感じるって、

ようするに、

もう距離って概念はほぼ無いようなもので、

距離に変わる単位は「想い」なのかなって思います。

どんなに遠くに居ても、近くに居るようにしか感じなかったり、
隣に居ても、遠い存在のように感じたり。


とはいえインターネットで調べ物ばかりしていると、
もう何が真実なのかわからない上、
考える力や記憶する力がどんどんどんどん低下していってしまってるように思います。

そしてインターネットを見るのをやめてオフラインの私は、
やっぱり月は見上げ続けられたらいいなあと思うのです。


今日は七夕。
もはや調べないと七夕って結局なんだっけ?って思う程度しかオフラインの私にはわからない。
だけどとりあえず知ってる限りの思いつく七夕に想いを馳せて短冊に願い事でも書かせてもらおうかと思います。

そしてなんで願い事を書くんだろう、そもそも誰に向かって書いてるんだろって所はもう調べないでおこうと思います。



前置きが長く、そしてなんの取り止めもない話となりましたが、
今日は新作のジュエリーの話、そして今回リリース予定の天然石のご紹介がしたくブログを書き始めたのでした。。


この半年、いや、構想を始めたのはもういつだったか思い出せないほど前から少しづつイメージから形にしてきた、
Maktubが新しくお届けする「天然石」と「コットン」を使ったジュエリー。


「自然と共に生きる、心地良く纏う」
コットンの柔らかな肌触りとありのままの自然の美しさが重なり合い、
心を満たす、植物の息吹きを感じる優しいジュエリーでありながら、
「循環」をコンセプトに制作しました。



ファッションとしてだけでなく、
ライフスタイルの一部として着心地の良さ、心の豊さを求める女性達へ向けた、「選択の一つ」を作りたい。

そういう想いを込めた新作4点が今月9日にショップに登場します。

ただただ可愛いい!!と思って選んでもらえたらそれはもう本望です。


私がこの素材選びを始めたきっかけは、

世界各地で起き続けている、環境の変化。
物で溢れる時代に対しての疑問。
この二つが重なって始まりました。

何十年に一度しか起こらなかったことが毎年のように猛威を増して起こるようになった「自然災害」、
実際どんな変化がどう環境を変えてしまっているのかは明らかではないですが、
「サスティナブル」この言葉を意識する人もとても増えたと思います。

もはや意識せずには居られないというか、知らないでは生きられなくなってきたのかも知れません。

その上で、暮らし方を少し変えてみた人、たくさんいると思います。

私もその一人です。

今ニュースを見てもそうですが、毎年一度だけでなく日本各地で豪雨の被害を目にしては、
胸が痛いだけではしょうがない。


暮らし方を見つめ直し、自分の生きたい世界はどんな世界なのかってしっかり思い描きながら生きようと思い、
変えられる部分を変える日々を過ごす中で、

「暮らし方」のスタイルに合わせて選ぶものって本当に変わっていきますよね。

物が溢れるこの時代、これから先この世に物が増えることは実はもうしばらく必要ないのかも知れないし、
ものを減らす生き方を自分はしながら、ものを作り続けることへの疑問を感じ続けました。

だから生活する上で選ぶのもはなるべく土に還るもの、もしくは100パーセント再利用出来るもの、
そんな物の選び方や作り方をするようになったなった自分。

私の作るものも、一部だったとしても、そうやって選んでもらえることが出来るもの作りをしてみようと思ったんです。


環境に配慮した制作方法、梱包、配送方法、出来る限りの選択範囲を持つことで、
私たちが作るものに関係のないところでも、選んでみようと思う人が増えるのかなって思います。

思いますというか、

そんな想いを込めて始めてみました。

7月9日より掲載いたしますので、
どうぞ新しく仲間入りした「天然石」×「コットン」ジュエリー是非ご覧いただけたら嬉しいです。




そして同日、天然石の方も新作掲載いたします。

今回はオパールをたくさん紹介させていただきます。
プレシャスオパールはビーズセットや、一粒で存在感の素晴らしい大粒サイズも。
そしてカンテラオパール 。


とっても良いクオリティーの幅広いタイプのカンテラオパールをご紹介します*


オパールloversの皆様どうぞ楽しみにしていてくださいね!

そして久しぶりに登場のMaktubならではのぷっくり水晶。



命の宿りを感じる優しいライン。

Maktubおすすめのぷっくり水晶シリーズ3点と、

その他穴あき水晶ポイントも6点掲載します。


どうぞご覧下さい。


最近の私達の日々の暮らしはというと、
私は服作りに没頭中。
と言うより着る服、着たい服を手に入れるためにもう縫って縫って縫まくる日々。
ミシンを近所の友達の家に借りに行こうか、
いや、手で縫ってしまおう。
その繰り返しです。


最近なんでも買う前に借りれないか聞くようになりました。
貸し借り出来る仲の友人が居ることは本当にありがたいですよね。
壊しちゃったらとか思わず、使ってないから全然使って!ってお互い色々貸し借りしてます。
自分の物という所有の概念を少し変えることでも、
この世のゴミや不用品は少なくなるし、
物を大切にする丁寧さも高まります。
何かを多く作りすぎた時は分け合ったり、
物を増やさずそんな友達を大切にしたいなと思うのです。。


そしてあきおくんは鳥達に没頭中。
もうすぐパト(日本で言う合鴨みたいな子達)の卵が孵るそうでまた忙しくなりそうです。

研磨も楽しんで再開したようで、色々と新しい形を考えてるようです。

庭の表情も日々美しく変化する毎日、

また次はVlogでお届け出来たらなと思ってます。


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。


皆様にとっても素敵な七夕の夜でありますように。






本拠地メキシコ、チアパス州サンクリストバルデラスカサス 配送担当住所 静岡県伊東市宇佐美3368-45
TEL: 09079076706(日本国内お問い合わせ窓口)
E-mail:a.y.miaw-miaw@hotmail.co.jp