5000円以上
送料無料
*クリックポスト* *追跡可能*

Blog

2019/12/26 23:17


先日早々に年末のご挨拶をさせていただいたのですが、もうひと記事。
クリスマスも終わり、大掃除中の皆さんも多いのではないでしょうか?

我が家も今日は大掃除!と、思いながら朝起きたはずが、今日は昼頃から日向ぼっこで温まりながらマクラメを編み始め、
気が付けは夕方です。

明日こそはーーー!と、思いきや、明日は年末に向けた買い出しに行こうとあきおくんからのお誘い。

ギリギリになってしまいそうな予感ばかりします。

同じ町に住む日本人仲間達で毎年ゆるりと行われる忘年会、今年は会場が我が家。
去年は年末ギリギリまで本当に忙しく、年末最後の発送仕事をギリギリで終わらせて遅刻して参加。という、ものすごいバタバタっぷりだったのを色濃く覚えてます。
持ち寄り料理もちゃんと作れなかった事を今だに覚えてるので、今年は美味しいもの作るぞー!


私は思い切り家派の人間なので、ほとんど家から出ずに何かしらのモノ創りに励む毎日。

仕事納めしたぜ!なんて思いながらも、結局マクラメを編んでる私ですが運動不足が気になる今日この頃。

なので最近はたまに庭をくるくるくるくる走ってみたり、エアー縄跳びしてみたり。

するとタケノコも一緒にエアー縄跳びの中に入ってくるではありませんか!

え!?天才?



答えは、いいえ。
私の珍しい高いテンションにつられて飛びついてきているだけでした。


でもカメラに向かってのこの笑顔、たいしたものです。


年末の小話なので本当にただの世間話レベルのブログです。親バカっぷりはお許し下さい。


ところで先日、私フェイスブックを退会しました。

7月頃から休止状態にしていて、メッセンジャーだけは使えるようにしていたんですが、この度完全退会をしました。

メリットももちろんたくさんあるので退会しようかどうしようか。。悩みました。

けど、フェイスブックを流し見てなんとなく周りの近況を知っていると、会う楽しみが実際減るのは事実です。
最近どうしてるかなーと思い出を胸に逢いたい人に想いを馳せる事の方が私は好きだと思いました。

Facebookを始めたのが2010年の6月だったので、約9年半の間たくさんの出逢った人達と繋がっていきました。
最終的に友達も1000人を超えると正直知らない人も増えてきていて、
(それは私がもっと管理して知らない人とは繋がらないようにしていればよかったのかもしれません)
仕事上だったりも絡み、気軽に発言する事も考えていくようになりました。

逆にインスタグラムはビジネスアカウントとはっきりと頭の中で分かれているので、プライベートとの隔たりを意識する事はないのですが、
Facebookだけ見事にごちゃ混ぜとなっていき、SNSがどうとか関係なく、整理をつけようと思ったのが退会の理由です。

相手を想う心があれば、心と心は繋がってる。そう思います。
こまめに近況を知る必要なんてないのです。
一年に一度定期的に日本へ帰ったり、NY、インドに毎年戻っていた頃とは打って変わり、
メキシコ生活が長くなるにつれて、旅をしながら暮らしていた頃よりも会える旧友がどうしても少なくなってきてしまいました。
だからこそ会えるって本当に嬉しい事。
なんならたまに私達何してるかなー?と思い出してくれるだけでも嬉しいんです。

そんな友情を心の中に持てることが、幸せです。

と、いうわけでもしメキシコ行くよーとか、私の助けが急に必要!とかっていう場合、
メッセンジャーで連絡を取り合っていた方、連絡を取る必要がある場合はメールくださいね^^



年末の大掃除、目に見える家の中の掃除だけでなく、デジタル上の大掃除も必須だなあと思いました。

まだ他にもやり途中ですが、写真や、あとメールも大量なので大変ですがやるととてもスッキリ!

心と身体、そして身の回り、パソコンやスマホの中まで、新年を綺麗に整理整頓されて迎えたいですね。



2020年は自分の暮らしを洗練していきたい。そう思います。
もっともっとクリアに、明確に。


そして来年はMaktub10周年の年でもあります。

10年も続けてこれたのには、支え続けてきてくれた家族、仲間、そしてMaktubを選んでくれたお客様達みんながいてくれたから。

初めてマクラメ編みをした日の事、初めて友人にプレゼントした時の事、初めてお金を頂いてマクラメ編みを編ませてもらった時の事、
びっくりするくらい記憶力の無い私ですが、全部覚えてます。

今でこそ沢山のマクラメ作家さん達が居ますし、簡単に誰でもショップを立ち上げる事が出来、SNSを使った集客もノウハウ化されています。

しかし私がマクラメ編みを始めた頃、
日本では今よりはるかにマクラメ編みの知名度は低く、信頼性も低かったと思います。

ショップを立ち上げるのにも躊躇もありました。

なのでその頃は旅先での道売りがメインの販売方法で、国内は沖縄、シーズン毎にニューヨークを行き来し、手売りで活動していました。
委託販売も沢山のお店にお世話になりました。

今の時代のようにウェブ上で写真を見て買うか買わないか判断するわけでなく、
実物を見てもらって選んでもらう中、沢山のご意見をもらっては新しい技術にチャレンジ。
一日一日が腕を磨くため。修行のような日々でした。

その中でもニューヨークの道売り生活は、本当に勉強になる事だらけでした。(DVDで色々な裏側をお話ししてますが、、)
そもそも初めての渡米がクリスマスの2週間くらい前。
何も知らずにでしたが街はクリスマスマーケットで盛り上がっていますし、人の数がとんでもなく多くてびっくりしました。

華やかなクリスマスマーケットの行われているパークの片隅、
小さな机を広げ、マクラメのアクセサリーを並べた日の事、思い出すだけで心臓が飛び出るほど緊張していました。

足早に通り行く人々がみんなびっくりするくらいお洒落で、インドからNYに渡ったばかりの私はあまりの流暢な英語に引くばかり。

だけどもう引き返せない。私はここでやってやるんだとものすごいパワーを持っていた私。
実際これは25歳の頃の話で今から8年前くらいの話ですが、今思い返してもエネルギーあったなぁと思います。

沢山の人々が道行く大通り、クリスマス効果もありで毎日沢山の人が手に取っていってくれました。

夜遅くなる前にアパートに帰ってはすぐに次の日の販売分の作品を作る日々。

大雪が降ったりして頭に雪積もりながら路上に立ち続けたり、
全然人に立ち止まってもらえずに肩を落として帰る日もありましたが、
ありがたいことにニューヨークの街は作りたいと思う欲を掻き立てるワクワクするもので溢れていました。
道行く人のファッション、美術館を鑑賞したり、公園でぼーっとしてるだけでも刺激となって作品に反映されていくのがリアルにわかるくらい刺激を受けるのです。
今のゆったりとした暮らしからしたら夢だったんじゃないかと思うくらい現実離れした現実です。



日本からのオーダーも含め、その時は1日5,6作品くらいは作っていました。簡単なブレスレットなども含みますが。
昔はコードが1mmだったから出来たのもあるけれど、今は同じ状況でどれだけ頑張れるかなあ。

そんな過去の自分に浸らずに、今の自分、もっと磨きをかけていきたいですね。

私の今をビルドする為の基礎つくりであり、足場組みを作る時期だったんだと思います。
そのbuild-upはもちろんまだまだ続くのです。

あれやこれや思い出せばキリがないですね。

10年の長い記憶もきっちり整理して10周年を迎えたいなと思います。

イベントも考えたいと思ってますが出来れば自分自身日本に足を運びたいと思っているので、
どんなタイミングで行えるか、ゆっくりイメージしていきたいと思います。

それでは皆さん年越しまでもう少し、お忙しいとは思いますが無理せず体調管理に気をつけて素敵な新年をお迎え下さい^^













本拠地メキシコ、チアパス州サンクリストバルデラスカサス 配送担当住所 静岡県伊東市宇佐美3368-45
TEL: 09079076706(日本国内お問い合わせ窓口)
E-mail:a.y.miaw-miaw@hotmail.co.jp